三度目の正直✨

サラッ、ツルッとした髪、憧れますよね✨✨✨

私たち美容師にとってもあの『つるサラ髪』は

キレイな髪~🌠と賞賛です✨

ただ、、、そのお客様が『パーマをかけたい』とおっしゃったときは、額から嫌な汗が出ます。。。

なぜなら、その髪質はパーマがあたりにくいのです。

今回のこちらの方↓もそうでした。

ツヤサラの背中までのロングヘア。

私たちはパーマ施術の際、あたりすぎることを一番避けます。ちょうどいいか、ゆるいか、を目指します。あたりすぎても、『そのうちゆるくなるでしょ』と済ましてくださる方ならいいのですが、あたりすぎると困るって方があたりすぎたら、大きなロッドで巻き直せば良いってもんでもないのですよ。なおらない。。縮毛矯正のようなストレートに戻してからまたパーマをあてなおすことになります。一旦縮毛矯正のように熱施術してしまうと、その髪が延びてカットしてなくなるまで他の施術に支障が出る可能性があるので、

そのまま辛抱していただくように持って行くことにします。

でもあたりすぎて、ショックを受けているお客様にこんな説明をしても

『知らないわよ!!とにかく髪を戻してよ!!』

となるでしょうから、最初からちょうどいいか、ゆるいかを目指します。

カッコさんにパーマをあててもらってもゆるいわよと言われるかもしれませんが、ユルくてもあてなおせばいいだけなので、なんと言われてもいいのです。あたりすぎるとその後、半年から一年以上、お客様と私が困った状態になるのです。

と、前置きご超長くなってしまいましたが、そんな感じでこちらのお客様、つるサラの美髪の持ち主ですが、夏に向けてくりくりパーマをあてたい。

一回目→✕、二回目→✕

三回目の挑戦で、くりくりに!

ご満足いただけたようです。私も勉強させていただきました。

お客様に勉強させていただいてます。感謝します✨